クリックゲーム開発

#1.画面クリックの処理を書く方法

画面クリックの処理を書く方法

今回からクリックゲームを作っていきます。開発ツールは Unity を使います。

クリックゲームでは画面上をクリックすると、
クッキーが増えたり、モンスターにダメージを与えることができます。

これを Unity でどう実現すればいいでしょう?

ボタンで実現

シンプルに考えます。
クリックということはボタン。
まず、Hierarchy に UI の Screen を作ってその下に Button を配置します。

ついでにドラゴンも配置してみました。

透明ボタンを作る

ボタンのままだと、ゲームではないので、このボタンを大きくして、透明にします

透明ボタンを作る手順

・ Hierarchy の Button 配下のText を削除

・Button のインスペークターで Image コンポーネントを編集
・Material を削除して None に
・Color の RGBA の Aを0に


これで透明なボタンができました!

Raycast Target のチェックは残さないとクリックできないので注意してください。

Unity のボタンが押されたら?

ボタンをクリックしたときの処理はどう書くか・・・

どこの解説ページにもあるような実装をします。

スクリプトを用意

名前は何でもいいのですが、
GameManager.cs という Monobehavior 継承のスクリプトを作って
public void Click()
{
}

というメソッドを書いておきます。

GameManagerを作る

Hierarchy に Create Empty して GameManager みたいな名前のオブジェクトを配置。
たいそうな名前ですが、ただの Empty (空のオブジェクト)

そこに、GameManager.cs をD&Dしてスクリプトをアタッチ。

これで GameManager が完成しました。

Button の OnClickを設定

最後に Button コンポーネントの OnClick の欄・・・

・RunTimeOnly のプルダウンの下に「Hierarchy側の GameManager」 をD&D
・プルダウンの右「GameManager.Click」を選択

これで、ボタンのクリックでこのメソッドが呼ばれます。

動いているか確認するには、Debug.Log() で確認してみましょう。

今回はここまで。

次回からは、クリックしたときにドラゴンにダメージを与える処理を作っていきます。

つづきます。